【必見】あなたのその子育てはNGだった?1億稼ぐ子供を育てる

お金 ライフスタイル

あなたのその子育ての仕方で1億稼ぐ子供を育てられますか?
もし、あなたのお子さんが1億稼ぐようになるなら、子育ての仕方を知りたいですか?
NGな子育てを知って、理解して、子育ての仕方を変えたら、あなたのお子さんも1億稼ぐ人になれます。
早速、ご覧ください。

スポンサーリンク

1億稼ぐ子供は、どんな子供?

1億稼ぐようになるのには、何が必要でしょうか?

人生を自分の力で切り開ける
・問題を解決出来る能力
自分の頭で考えられる
・新しいことに積極的にチャレンジ出来る
・困難を乗り越えられる精神
コミュニケーション能力
・リーダーシップ

など、様々なことが必要です。

1億稼ぐというのは、あくまでも結果で上記のような能力があれば、たとえ一文無しになったとしても、またゼロから1億を稼ぐことが出来るのです。

1億稼げるなら、たいていの問題は解決出来るので、人生を楽しむことを選択できます。

親はどうするべきか?

サラリーマン家庭で育ったサラリーマンの親は、どうしたら良いかを学んできてない人が多いと思います。
ユダヤの教えなど、先進国では小学生からお金のことを学ぶ機会があります。

親もお金について学び、上記の能力を身につけるよう努力してみて下さい。
そうすると、見えてくるものがあるでしょうし、知って身につけた能力を子供と共有することが出来ます。

親は別に偉くありません。
先に生まれたから、知っていることや知識はありますし、危険やダメなことも分かっています。
なので、躾は大事ですが、自慢や上から目線の教育?!は必要ありません。

ということで、NGな子育てとは?を見ていきましょう。

NG子育て その1:無関心・放任主義な親

無関心や放任主義は、一種のネグレクトにも通ずるものがあり、注意が必要です。
放任主義は、一見良いように思いますが、年齢ごとに手をかける→目をかけるへ移行しているだけで、放任とは違います。

子供が親からの愛情を感じないと、子供は自分を必要のない存在とみなす傾向があるのです。
「認められていない」「愛される存在じゃない」「大事にされない子だ」などと考えたり、それが発展すると自傷行為をする子供も出てきます。

愛情を欲するあまり、変な行動をして注意を引いたり、他人の目を気にしたり、します。
自傷行為もその一つの時もあります。

何故、そのような親になってしまうのかは、その親も自分が同じように育てられたので、子供への関心が薄い場合が多いようです。
無関心を敏感に子供は感じ取っているのです。

なかには、その欠乏感から頑張って大成する人もいますが、1億稼ぐようになっても愛情は満たされないので、心は空虚のままの人もいます。

NG子育て その2:服従を強いる親

親の躾が厳しいのもダメ?!
親のしつけが厳しすぎると、強い愛情飢餓感を抱く場合があります。

自分のことを認めてもらえない、「ダメダメ」「なんで、こんなことをするの?」「言うことを聞きなさい」などと服従させられて、自分の意見を言える状態にないと、親に従うしかないのです。

こういう子育てをすると、子供は「何を言ってもムダだ」「親の言うことを聞いておけば良いや」と、子供が自分の頭で考えなくなります。
その上、自分の考えに自信を持てなくなり、自分の存在価値もないように感じてしまうのです。

親の顔色を窺うようになったり、親に嫌われないように、親の機嫌を損ねないように、気を遣う子になりがちです。

これでは、1億稼ぐどころか、一人前に普通に稼ぐことすら難しいです。

NG子育て その3:可愛がり過ぎる・過干渉な親

最近は、子供の数が少ないので子供に対して良く目が届きます。
お母さんの中には、子供命的なタイプになる人がいて、子供と一心同体かのように、一生懸命になり過ぎる人がいます。

これも、子供の自立を妨げます。
障害物があったら、子供本人の力で乗り越える前に障害物をどけてしまう親です。

子供の言ったことが全て通るので、子供は我慢をしません。
自分の思い通りにならないと、泣いたりすねたり、自分の思いを通すことしか考えません。
どうしたら、思い通りになるか?しか考えないのです。

まとめ

1億稼ぐのには、様々なスキルが必要です。
プライドなんて必要なく、誰とでもどこでも渡り歩ける雑草のような力強さと謙虚さとスキル。

自己肯定感を高く保てる自信も必要です。
外野からの色んな話や情報を自分で判断できることも必要です。

色んな人がいるので、色んな価値観を共有出来る必要もあります。

そして、最後は「自分は自分」というありのままの自分を大切に出来る子供が良いのではないでしょうか?

情報があふれている時代、真実を見抜く力を持って、世の中のために稼いでもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました