【気になる】痩せない理由を徹底解剖 これで痩せやすくなる?!

薄着の季節、痩せたいのに痩せない~。そんなお悩みは、ありませんか?

何故、痩せないのか?が分かるなら、知りたい!痩せたい!という人、必見です。

中々痩せない理由は、これだったのか?ということが分かれば、痩せるタイミングが見えてくるので、痩せる努力をする気になりますね。

ただ痩せるのではなく、きれいに痩せて、その綺麗が継続していくのが理想ですよね。

これを読んで、痩せるきっかけになったら嬉しいな。

スポンサーリンク

何故 痩せないの?

そうなんです。

痩せたいと思っているのに、何故痩せないのでしょう?

それは、摂取カロリーが消費カロリーよりも上回っているから!

これが真相です。

と言っても、では食べる量を減らせば痩せるのか?

これも厳密には違います。

もちろん、一時は食べる量を減らせば、痩せるかもしれません。

でも、食べないダイエットは、食べる量を元に戻したり、お誘い乗って食べてしまうと直ぐに元に戻ってしまいます。

他には、そもそも痩せにくい体質になってしまっているから!

特に自己流ダイエットを繰り返している人に多いのですが、本来エネルギー消費量の多い筋肉が小さくなっているのです。

後は、季節というのも関係あります。

痩せやすい季節と痩せにくい季節があるので、タイミングが悪いからというのもあるのです。

痩せない理由 チェックリスト

何故、痩せないのか?ということを書いてきましたが、具体的に自分でチェックしてみると見えてくるものがあるのでは、ないでしょうか?

そこで、チェックリストを作ってみました。

是非、ご自身でチェックしてみて下さいね。

  • 自分で思っている以上に食べすぎている
  • 食事量が極端に少ない
  • お菓子などで食事を済ませることがある
  • 飲み物を甘くして飲んだり、ジュースやアルコールを良く飲む
  • 栄養のバランスを意識してない
  • 有酸素運動だけをしている
  • 便秘やむくみがある
  • 睡眠不足
  • ダイエットを長くやっている
  • 生理前から生理中

いくつにチェックが入りましたか?

自分で思っている以上に食べすぎている

摂取カロリー<消費カロリーにしないと、痩せないのは誰でも分かると思います。

その逆(摂取カロリー>消費カロリー)だと、少しずつ太っていきます。

当たり前ですね。

自分のことは、意外と見えていないのです。

何を食べたのかを自己申告してもらうと、男性では58%が、女性は32%が実際よりも少ない量を食べたと申告するというデータがあるそうです。

食事量が極端に少ない

食事の量が極端に少ないと、体を動かすためのエネルギーが足りないと筋肉を分解してしまうことがあるからです。

筋肉量が減ると、さらに太りやすくなります。

体は、生命維持のために少ないエネルギーしか入ってこないと、省エネ運転を始めるので、痩せにくい体へシフトします。

お菓子などで食事を済ませることがある

お菓子にもよりますが、脂っこいものや砂糖を沢山使っているものが多いです。

糖質は、血糖値を急上昇させるので、インスリンが過剰に分泌されやすいので、脂肪蓄積が進みやすくなります。

カロリーも高いものが多いです。

飲み物を甘くして飲んだり、ジュースやアルコールを良く飲む

甘いものやアルコールは、カロリーが高く取り過ぎると、確実に太ってしまいます。

また、腸内細菌のバランスを崩すので、痩せにくい体質へとシフトしやすくなります。

栄養のバランスを意識してない

カロリーだけを気にしていて、栄養バランス考えてないと、痩せずに太ってしまうこともあるのです。

糖質が不足すれば筋肉を分解してしまうので、代謝が落ちます。

たんぱく質が不足すると、筋肉の材料が不足します。

脂質の取り過ぎは、カロリーオーバーになります。

ミネラルやビタミンが不足すると、脂肪燃焼した代謝が出来ず、脂肪の排出が出来なかったり、むくんだりします。

有酸素運動だけをしている

有酸素運動も大切ですが、有酸素運動だけでは、脂肪を燃やしますが、筋肉も分解してしまいます。

なので、筋肉を減らさないためにも筋トレが必要となります。

筋肉の消費エネルギーは、大きいので、筋肉を増やす、特に大きな筋肉を育てましょう。

便秘やむくみがある

便秘やむくみは、代謝が悪くなっている証拠です。

毎日、毎食排便があるのが、普通だと思いましょう。

水分と運動に気を付けましょう。

むくみは、体の中の流れが悪くなっています。

やはり水分をしっかり取って、適度な運動をしましょう。

睡眠不足

きちんと寝ないと、ホルモンが減ったり増えたりして、痩せにくくなります。

出来たら、一日の1/3は体を横にしましょう。

7~8時間は、睡眠時間を取れるのが理想です。

ダイエットを長くやっている

食事を制限したり、運動を頑張っていると、停滞期があります。

その時に食事の量を減らしてしまうと、益々体は防衛反応をするので、省エネ代謝を強くします。

ということは、痩せないという現象が起きます。

半日でもしっかりと食べる、か筋トレをしっかりとやることをお勧めします。

生理前から生理中

生理前から生理中は、ホルモンの関係から痩せにくくなります。

この時期を避けましょう。

痩せるための継続方法

チェックをしてみて、いくつ当てはまりましたか?

チェックするだけで、痩せ始める人もいると思います。

次は、継続させていく方法です。

食事は、毎日のことなので、気楽に続けられる方法を考えていきましょう

主食は、白いものより茶色いものを選ぶ
白米より玄米、パンなら全粒粉パン、うどんやそうめんならお蕎麦、など、と頭に入れましょう。
小麦粉を出来るだけ避けて、米粉にしましょう。

砂糖や人口甘味料を出来るだけ避ける
人工甘味料は、特に避けましょう。
中毒性が高いので、また飲みたく(食べたく)なります。
小麦粉も同じです。

質の良いたんぱく質をしっかりと
半熟茹で卵や魚のタンパク質は、お勧めです。

ざっくりと頭に入れておくと、選ぶ選択肢が広がり、ストレスが減ると思います。

まとめ

痩せない理由が分かると、痩せる方法が見えてきます。

夏は、ダイエットに向いてないので、涼しくなってから始めましょう。

理由は、以下の通りです。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました